ご相談・お問い合わせ

よくある質問

ビジネスでメタバースを活用するリスクはありますか。

ビジネスでメタバースを活用する上で考えなければいけないリスクがいくつかあります。

メタバースをビジネスで活用する場合のリスク

アカウントの乗っ取り

メタバースだけでなくSNSやWeb広告などでも言えることですが、アカウントの乗っ取りには注意が必要です。
メタバース空間では顔が見えないため、アカウント名やアバターの見た目などで相手を判断することが多く乗っ取りに気がつかないケースがあります。

NFTなどの詐欺行為

一部の投資家がNFT(Non-Fungible Token)を投資対象として盛り上がった際、合わせてメタバースもWeb3というカテゴリで話題になりました。

これもNFTやメタバースに限られたことではありませんが、簡単に儲かるという話には乗らないことが大切です。

メタバースの法整備

新しい市場のため、法整備が追いついていないことが現状です。
気が付かずに肖像権などの法律に触れてしまったということがないよう注意が必要です。

一部ユーザーによる迷惑行為

メタバースでイベントなど不特定多数の人が集まると、一部ユーザーが他のユーザーに対して迷惑行為を行う可能性があります。

プラットフォームによりますが、一部ユーザーの退出も運営側で実現できますので、イベント時には対策が必要です。

よくある質問 一覧に戻る

メタバースについての質問を記事として回答しています

メタバースをビジネスで活用する上での悩みなどありましたらお気軽にご質問ください。
メタバースtipsは皆さんが使いやすいサイトを目指して日々情報を更新していきます。

質問する